復縁の可能性が上がる上手な別れ方

もし別れ話を切りだされたら…。
今回、この記事を読むことによってあなたは、これらが理解できます。

・彼氏に別れ話を切りだされた時の、復縁しやすい対応
・復縁の可能性が上がる別れ方ランキング、トップ5

復縁の可能性が上がる適切な別れ方があるのです。
今、彼氏がいる人は参考にしてみてください。
そして元彼と復縁したい人は、自分がどんな別れ方をしたのか、
照らしあわせてみてください。

別れ方をランキング形式でお届けします。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

 

別れを切り出されたら、こう別れたら復縁しやすいランキング

 

 最初から最後まで何も言わない

これは別れ話を切りだされても、こちらからは何も言わないことです。
反論することもダメです。

普通は、

 何故?
 好きな人が出来たのか?
 嫌だ嫌だとすがりつく。
 泣いてしまう

といった行動を取ってしまいがちだと思います。

 

こういったことは復縁するにあたって、NG行動になるんです。

男性を意外だ!
と思わせることで、気になる別れ方にするのです。

最初から終わりまで、ずっと黙ってるということは、
強い強い否定ということを表すので、効果的です。

 

 別れたくない!と言えば○○は困るでしょ

○○は彼の名前を入れてくださいね。

これは男性だけに効くセリフなんです。

 

男性は女性に比べて脳の作り方が違っており、
会話する内容や、考え方が根本的に違います。

 男性は直接的にものごとを話す。
 女性は間接的にものごとを話す。

 

■例えば、男女がデートしている状況で

・男性が歩き疲れたならば、直接的に

「疲れた」

と発言します。

 

・同じく女性が歩き疲れた時は、男性に向かって

「疲れてない?」

と彼に対して言うんです。

 

こういった間接的に女性は言うので、決定権が男性側にまわり、
断りにくくさせるのです。

 

 最後に去るときに握手

ランキング5位で紹介した「終始黙ってる」
という別れ方とコンボで決めると効果的です。

故に、何も言わず最後に別れの挨拶を言い、
握手をして彼の元から去るのです。

 

男性にスキンシップをしながら、
会話をすると、心理学的に肯定的な意見や感情が出やすくなるんです。

これをアタッチメント理論と言うのです。

 

結論としましては、別れる話をされ始めたら、
スキンシップしながら話を聞いておくほうがいいんです。

 

気になるTOP2の発表です

 

 笑顔だけど悲しい顔をする

矛盾するものを感情で出されると、
すごく気になってしまうんです。

 

例えば、

■浮気を問いつめるとき

女性が男性に、浮気の問い詰めをするとします。

そこで女性が、声は普通のトーンの笑顔で、浮気をしていないかと問い詰めると
男性は気になって気になって仕方がなくなります。

どなって問い詰めるより一番の効果を発揮させます。
男性なら分かるかも知れませんが、悲しい顔で微笑みをされたら怖いですよね。
あれは一体何だったのだろうと。

浮気というマイナスイメージ、笑顔というプラスのイメージが
相反しているので、こいった心理を生み出すのです。

 

なので、別れ話を切りだされた時は、ほほ笑みを見せながら悲しい顔をしましょう。

 

それでは第1位の発表です

 別れ話を切りだされ、途中で退散する

 

あなたはこんな経験はないでしょうか?

何かに打ち込んでいる時、途中でやり残しがあるとモヤモヤしませんか?

私でしたら、いったん掃除を始めると最後までやりきってしまいます。

 

中途半端のまま終わらせるとスッキリしないからです。

 

この人間の心理を使い、別れ話をしている途中で帰ってしまうのです。

男性はスッキリしないまま、ずっとあなたのことを記憶に留めることでしょう。

 

 

以上でランキングは終了です。
いかがでしたでしょうか?
別れ話を切り出されることは、人生で何度かあるかもしれません。

 

もし復縁をしたいのなら、紹介した方法で別れたら、
ヨリを戻せる可能性がかなり高まりますので、覚えておいてください。

 

私なりに1位~5位の別れ方を最善で組み合わせてみると、

 

 何も反論せずに、彼の体を軽く触れながら別れ話を聞き、途中で握手をして帰る

 

この別れ方が一番効果的ですね。

 復縁するために、あなただけのアドバイスをします。

 

合わせて読みたい関連記事

いつも応援ありがとうございます

こちらの記事は少しでも、参考になりましたでしょうか。

ブログランキングに参加しておりますので、投票していただければ幸いです。

↓↓↓


ポチっとありがとうございました。




トップページへ戻る→元彼と復縁したい人へ

コメントを残す