浮気など自分が悪くて別れてからの復活愛成功術【連絡編】

自分が悪いのでフラれてしまった
今回の記事を読むことであなたは、

・自分に非があって自ら別れた、もしくはフラれてからの復活愛テク

連絡の取り方や、どのように謝るかをお伝えしていきます。

そのような状況ではなくても、復縁のためのテクニックをお伝えしますので、
どうぞお付き合いください。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

 

彼氏彼女の状態でお付き合いをしていて、別れてしまった!!

100組のカップルが存在すれば、100通りの別れ方が存在します。

 

■別れ方

その数ある別れ方の中に、

 自分のほうが悪いからフラれてしまった。

 自分が悪いからその罪悪感に耐え切れず、自分から別れてしまった。

以上のような、自分に非があって別れてしまったケース。

 

■例えば

 自分が浮気してしまった。

 原因が自分にあるのにケンカして、謝れずにそのままフラれた

このように別れてしまったケースが結構あります。

他にも様々な別れの形態がありますが、
今回ははぶきますね。

 

上記のように、自分が100%悪い状態で別れてしまって、
もし元彼と復活愛を成し遂げようと思っていても、
気まずくて、連絡できないと思います。

 

相手はかなり怒っているかもしれませんし、
自分が100%悪いのだから、連絡をしようと決心できませんよね、簡単に。

 

復縁を達成するために、まずは連絡を取らなければなりませんので、
連絡をする注意点をお伝えしていきます。

 

復活愛のための連絡の仕方と注意点

■注意点

 明るく爽やかに

 返信しやすい内容で

連絡の手段はメールです。
電話をかけても、出てくれないことが多いですし、
喋る内容も決めておかないといけませんし、
ちょっとしたことで、彼に嫌な気分をさせてしまう恐れもあるので、
ここはメールで彼に連絡を取っていきましょう。

以上の2点が注意点になります。

 

いきなり謝罪から入ってしまうと、彼の嫌だった記憶がよみがえってしまうので、
また悪い印象を与えてしまいますので、いきなり謝ることはダメです。

 どんな内容で連絡するのか3点

 もし、元彼の家に荷物を置きっぱなしにしていたら、その有無とどうするかという内容

 元彼が好きなもの、興味があるもの(趣味、食べ物、ゲーム、スポーツなど)の情報や、質問をする内容

 自分の今の近況報告を明るく元気に

 

以上の3点ですが、ポイント3の近況報告をする注意点なのですが、
これは別れてすぐは効果がありませんので、時間が経ってからのほうが最適です。

 

自分が悪かったという謝罪のタイミング

すぐにでも謝りたいと思います。
しかし、別れてすぐはダメなんです。

■自分から別れを言った場合

元彼はあなたに不信感を抱いています。
別れの原因を明確に伝えてなかったとしたら尚更です。

 

■自分に非があって謝れずケンカ別れした場合

これもすぐに謝ってしまうと、逆効果で無視される可能性が。
彼の怒りが静まってくるまで、冷却期間を設けたほうが最適です。

 

■重要なのは

しばらく冷却期間を置いてから連絡を取り、メールのやりとりが普通に出来るようになった時に謝りましょう。
もちろん謝るときは誠心誠意で謝ります。

男性というものは、思い出を美化するものなので、
時間がたてば、悪い印象も薄らいでいくんです、

そこで連絡が取れるようになれば、悪い印象も薄らいでいて、
あなたに嫌悪感はないはずです。

 

まとめ

 連絡を取る時は一定の冷却期間をあけて、連絡するときは明るく爽やかに!
そしてやりとりが増えたら、彼の嫌悪感が薄らいでいるので、謝罪する。

私の意見はこういった感じになります。

 

しかし、一定の期間をあけず本当に誠意を見せたいのであれば、
謝罪することもありだとは思います。

これは別れのケースバイケースだと言えますが、
彼がブチギレして別れたのであれば、一定の冷却期間をあけるのは
不可欠になります。

普通のケンカ別れであったら、長く期間を空ける必要もないですし。

 

どれも正解というものはないので、相手の性格やタイミング、
別れに至った原因。
色んな要因がかさなっています。
その時その時を見極めて、謝罪をしてみましょう。

今回お伝えしたことは、基本となるものなので、参考にしてみてください。

 メールの文章を丸々考え復縁プランを作成します。

 

合わせて読みたい関連記事

いつも応援ありがとうございます

こちらの記事は少しでも、参考になりましたでしょうか。

ブログランキングに参加しておりますので、投票していただければ幸いです。

↓↓↓


ポチっとありがとうございました。




トップページへ戻る→元彼と復縁したい人へ

コメントを残す