【復縁方法】元彼との会話やデートの誘い方、ラインなどの極意

あなたは元カレへの接し方は間違っています
このブログ記事を読むことによってあなたは、

・元彼との会話のやり方

・デートの場所や誘い方

・ラインの適切な連絡のとり方

これらを理解することができて、あなたと元彼が再び両思いになれる可能性がアップします。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

前回は、破局した元彼氏が同じ職場や学校など、同じ環境にいて嫌でも会ってしまう時の
復縁の極意や、特別な冷却期間の置き方をお伝えしました。

その前回の記事を読んでいない方はコチラからです。
復縁の仕方~元彼氏が同じ職場、学校で毎日顔を合わせる場合~

 

前のブログ記事で冷却期間を置くことを伝えました。

そして今回はいよいよ、冷却期間を置いた後の元彼氏との接し方です。

会話の内容、デートの場所や誘い方、ラインなどの連絡の仕方をお伝えしていきます。

 

会話のやり方とその内容

冷却期間を取ってる間、仕事で仕方なく喋らないといけない時は、
元彼をお客様と接するように仕事と割りきって、必要最小限の会話にしましょうと言いました。

3ヶ月から半年の冷却期間を置いた後、軽く喋っていきます。
一言などが適切で、それに慣れてきたら本格的に会話をしていくんです。

 

 会話のポイント

例:私は仕事が終わったら最近、友達と飲みに行くことが多いけど、あなたは仕事が終わったらどうしてるの?

このポイント、お分かりになりましたでしょうか?

 

質問の会話は基本となり、疑問や聞きたいことがある場合は、
まず自分のことを喋ってから、相手に聞くといいんです。

これは相手が喋ってくれので、自分も話そうという心理が働くからなんです。

上記の例文はあくまで分かりやすく説明するために挙げたものなので、
色々な形で元彼と会話してみてください。

 

■注意点

1.元彼だけにあからさまに喋りかけてばかりいると、

「まだ俺のことが忘れられないのかな?」

と思われて距離を置かれるかもしれませんので、周りの人にも喋りかけください。

 

2.職場や学校という同じ空間にいるときだけ会話する。

会話ができるようになったからといって、仕事以外の時で連絡は取らないようにしましょう。
これはプライベートな連絡をしていたら、彼にあなたが復縁したいという気持ちがバレてしまう恐れがあるためです。

これらを守っていくと、いい距離感で元彼と接することができます。
さらには、もう吹っ切れたのかな?
と思ってもらえる可能性が高いです。

次はデート編です。

 

デートの誘い方と場所

だんだんと会話も普通に出来るようになって、ぎくしゃくしなくなれば、
続いてはデートをすることです。

ずばり、二人きりでデートすることはまだ早いので、同じ環境にいるというメリットを使って、
同僚らと飲み会、ご飯に行くことです。

まずは複数からで、居酒屋などご飯屋さんで会うことです。

 

■注意点

ここでも、元彼だけにずっと喋りかけるということは、やめておきましょう。
周りとの会話にも参加することです。

その場所での意識することは、気配りです。
周りも元カレにも印象づけておきましょう。

グラスが空いたらお酒を注いだり、頼んだり、料理を取り分けたり、
などなど他にも色々ありますが、そういった気配りが大切です。

 

■元彼との会話

先に繋げそうな会話をしていきましょう。

 

例1:渋谷にあるとんこつラーメンが一番おいしかった店ってどこだっけ?

例2:ドラゴンボールで、初めて神龍にお願いした願い事ってなんだっけ?

例3:サッカーの本田圭佑って、どこのチームだっけ?

 

元彼にあなたが投げかけた疑問に答えれない場合は、先につなぐことができますね。

これは次の元彼にラインやメールをする時の、連絡をする時に後々有効となってきます。

もちろん例文は例えばの会話なんで、彼の好きなことや興味あることを話題にあげてください。

 

続いては集団での食事会が終わった後の連絡です。

 

ラインなどの連絡手段で元彼に連絡

さて、楽しい飲み会が終われば、彼に連絡してもかまいません。

仕事以外での連絡は控えるようにと言いましたが、
今が連絡を取る最善の時です。

連絡手段は、ラインやメールで構いません。

 

■送る内容

「今日の飲み会、楽しかったね」
から始まり、元彼とした会話の疑問の部分を教えてあげましょう。

 

例1:とんこつラーメンが美味しかった店は☓☓だったよ。

例2:神龍に初めてお願いした内容は○○だったよ。

例3:本田圭佑の所属チームは△△だったよ。

 

こういった内容です。

ラインやメールが続くようでありましたら、
同じ環境内でのことを触れていきましょう。

共通の部分があるのですし使わない手はありません。

些細なことでも構いません。

 

例;明日の会議の場所どこだっけ?

例:明日の講義の場所はどこだっけ?

 

■注意点

返信するのに困るような内容のラインを送ることはやめましょう。

男の気持ちを考えてみてください。

ラインやメールなどの連絡は基本、めんどくさく思う人が多数です。

なので、意味がなく日記的な文章を送ることは控えましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

具体的なイメージが出来ましたか?

ぜひ参考にして自分のものにしてみてください。

 

注意する点は、相手に自分の気持ちを悟られないことです。

元カレには、「もう未練はないんだなぁ」と思ってもらうことです。

 

 あなたを完全に復縁させるプランを作成します。
 

 

合わせて読みたい関連記事

いつも応援ありがとうございます

こちらの記事は少しでも、参考になりましたでしょうか。

ブログランキングに参加しておりますので、投票していただければ幸いです。

↓↓↓


ポチっとありがとうございました。




トップページへ戻る→元彼と復縁したい人へ

コメントを残す