冷却期間が必要ではない場合

冷却期間を置かずに復縁できます
今回のブログ記事を読めばあなたは、

・冷却期間を置かずに復縁できる連絡の取り方

こちらを理解することができます。

にほんブログ村 恋愛ブログへ

まず復縁の大事な流れは、冷却期間を設けることです。

様々な別れ方があるので、冷却期間をどれくらい取るかは、その別れ方によります。

ですが、基本は3ヶ月から6ヶ月、ないし1年といったところです。

 

そんなに待てないし、早く復縁したいから冷却期間を待たずに
復縁できるパターンはないのかという質問がありました。

実はあるんです。

 

これは当サイトで紹介している復縁カンセラーの
小野田ゆうこさんが実際に無料メール相談をされた方に
アドバイスされた内容です。

 

その相談された方は冷却期間を置かずに復縁できるケースだったので、
小野田ゆうこ先生から7つの順序をこなすようアドバイスされました。
どれも1つ1つ簡単なものです。

 

1つ目の段階は、連絡(メールなど)することです。

内容は果たして…。

 

冷却期間を置かずに連絡するときの内容

まず順序1の連絡とその内容は、

 

 明るく爽やかに挨拶文を

 元彼に対しての今までの感謝を伝える

 別れに至ってしまった原因を反省した文

 元彼が「えっ!?」と思う文章「○○○○○」

 

順序2~6や順序1の続きは、
復縁の無料相談をした後に閲覧できますよ。

 

 雑誌のananでも紹介され、復縁の知識もしっかりつく!
 

 

合わせて読みたい関連記事

いつも応援ありがとうございます

こちらの記事は少しでも、参考になりましたでしょうか。

ブログランキングに参加しておりますので、投票していただければ幸いです。

↓↓↓


ポチっとありがとうございました。




トップページへ戻る→元彼と復縁したい人へ

コメントを残す