復縁でのメールの注意点|返信なしになってしまう内容とは

復縁したい相手に送るメールの注意点です。
もしかしてあなたも知らず知らずの内に、引いてしまう内容を相手に送っているかもしれません。
相手から「返信なし状態」になってしまう内容をご紹介。
にほんブログ村 恋愛ブログへ

 

復縁をするために取って外すことが出来ないツールと言えば、メールやライン。
簡単に相手とコミュニケーション出来るので、すぐに利用してしまいがちです。

 

しかし簡単にすぐに送ることが出来る反面、元彼に対して重くなるような内容や
自分の気持ちを押し付けるような内容を送ってしまっていませんか?

 

思い立ったらすぐにメールをするのではなく、
ちゃんと相手の立場になって考え、
別れたのに、こういった内容を元カレに送ってしまっては引かれるだろうか?
といったことを考えたほうがいいですよ。

 

しかし大好きな人と別れて、冷静になることが出来ずにいるので、
そういったことを考えられない人が、ほとんどなので、
今回、こんな内容のメールを送ってしまってはいけない例を挙げていきます。

 

元彼が見ると重いと感じるメール内容

 いわゆる日記メール

今日は○○したよーといった事実だけを書いたメール。
日記のようなメールです。

付き合っていた頃と同じようなメールをすると、元カレは困ってしまいますよ。
どう返信しようか考えてしまい、めんどくさくなって返信しないというパターンになってしまいます。

 

 愚痴や文句、謝罪

付き合っていた時に言えなかった文句や愚痴です。
今、私はあなたとヨリを戻したいし、こんなに好きなのになぜ復縁してくれないの?
こういったメール内容はとても重いです。

いきなりあの時はごめんとメールされても、
とても重いし、嫌なことを思い出させてしまいます。

 

 なぜ返信してくれないの?

相手から返信がない状態なのに、こちらからまたメール送ってしまうと、
元彼はドン引きしてしまいますよ。
あなたと関わりたくないというサインなので、またメールを送ってしまうと
重く感じられ嫌われてしまいます。

 

 あなたのことをずっと待ってる

いくら復縁したいからといって、ずっと待ってるからという内容は
相手が引いてしまい、とても重い言葉です。

元彼は早く俺のことを忘れて欲しいと思っているので、
こういったまだ未練があるような内容は送ってはなりません。

復縁で大切なことは、自分の気持ちを相手に悟られずに復縁を目指すことです。

 

■まとめ

どうでしたか?
あなたも知らず知らずにこういった内容のメールを送っていませんでしたか?

大切なことは、未練があることを元カレに悟られたら重くなってしまうことです。
従って、そう思わせてしまうようなメール内容を控えることです。

4つの内容をお伝えしましたが、全て未練が感じられる内容になっていました。

 

ではどういった内容のメールを送ればいいのか?
メールテクニックを当サイトでも書いていますので、ご覧ください

 メールの例文や返信したくなるテクニック

 

 メールの返信がない状態からの復縁も達成!!

 

 

合わせて読みたい関連記事

いつも応援ありがとうございます

こちらの記事は少しでも、参考になりましたでしょうか。

ブログランキングに参加しておりますので、投票していただければ幸いです。

↓↓↓


ポチっとありがとうございました。




トップページへ戻る→元彼と復縁したい人へ

コメントを残す