よりを戻すために送るメールの悪い例

よりを戻す 悪い例 メール

元彼、元カノとよりを戻すためにはどんなメールを
送ればいいか分からないと思います。

そこで今回は、送ってはいけないメールの悪い例をお伝え。

 

元彼、元カノとよりを戻すためには、どういったメールを送るかが
とても重要な鍵となります。

 

そこで、無料の復縁メール相談を受付中ですが、
ご希望の方は、復縁のプロがあなたの代わりに、
復縁に近づけるメールを作成します。

 

その文章の内容を見て、今後あなたが送るメール内容に
役立ててください。

元彼に送るメールをそのまま作成します!復縁相談はこちら

 

さて、今回のテーマは
よりを戻すために送るメールの悪い例をお伝えします。

 

送ってはいけないメール内容とは?

まだあなたのことが好きであるという内容

・ネガティブな内容

疑問文がなくて自分本位な内容

相手のことを責めるような内容

復縁したいという内容

あの時、こうしとけば良かったという過去の内容

寂しい、助けてなどといった重い内容

 

以上のような内容のメールを送ってもほぼ、
返信がないと思います。

 

ざっとこれらの内容のメールを見られてどう思いますか?
客観的に見ると、こんな内容のメールが送られてくると
困らないですか?
なんて返信したらいいのかも分からないし、考えてしまいますよね。

 

逆にこんな内容の連絡をして、返信があるようであれば、
元彼は恐らくメールすることに対しては、めんどくさくない人かもしれません。
さらには律儀な性格なのかもしれません。

 

なのでこういった方に、ダメなメールを送ることは非常にもったいないんですよ。
こういった性格の人であれば、復縁は間違いなく簡単に成功します。

 

どうすればいいか分からない方は、
早急に今いったメール内容はやめて、
復縁のメール相談をしてください。

 

少し脱線してしまいましたが、
送ってはいけないメールというのは、

 

ズバリ

 

重い内容のメールや、返信に困りそうな内容のもの

 

こういった内容のメールを送ってしまうという気持ちは
とても分かるんです。

 

本当に大好きな彼氏だったからこそ、復縁したいし、相手にすがりついてしまうんですよね。

 

めちゃくちゃ悩んで悩んで、冷静ではなくなって
そんな精神状態だからこそ、メール内容も重くなってしまいます。

復縁の成功の鍵は

焦ってはダメだということです。

 

■それでは、どういった内容のメールを送ればいいのか

 

2点お伝えします。

 

1.無料復縁メール相談をされることです。

あなたの元彼の性格にあわせて、復縁のプロが
メールを作成しますので是非、無料の今のうちにメール相談を
されることをオススメします。

さらにメール相談をされると先着100名様に、
30日の復縁マニュアルもプレゼントされます。
あなたが元彼に送るメール内容の添削もしますよ。

ぜひどうぞ。

無料の今のうちにメール相談する

 

2.メールテクを復習する

というのは、私がこれまでに書いたメールテクニックの記事があります。

まだ見てないという方は、こちらからどうぞ。

別れた元恋人とメールやラインが続くやりとりのポイントを5つ

復縁したいのにメールやラインを無視される、または続かない理由

復縁したい人のためのメールテクニックの要点を3つ

復縁でのメールの注意点|返信なしになってしまう内容とは

復縁に効くメールの例文と内容解説

復縁のため~元彼が返信したくなるメール術~

 

元彼にメールを送るということは、復縁に繋げる重要な要因です。

 

復縁にも繋げることは出来ますが、逆に元彼に嫌われてしまう可能性も
あるということも、お忘れなく。

 

なので、メールテクニックというのは知っておいたほうがいいので、
是非ご覧になってください。

 

どういったメールを送るのか?
さらにあなたのメールの添削もする復縁相談もご利用してみてください。

 

合わせて読みたい関連記事

いつも応援ありがとうございます

こちらの記事は少しでも、参考になりましたでしょうか。

ブログランキングに参加しておりますので、投票していただければ幸いです。

↓↓↓


ポチっとありがとうございました。




トップページへ戻る→元彼と復縁したい人へ

コメントを残す