復縁するには冷却期間後に送るメールが重要

復縁,冷却期間後,メール

復縁するためには、冷却期間を置くことが大切。

しかし、冷却期間後にメールを送る内容もさらに重要になります。

復縁したいあなた、冷却期間中のあなたにメールテクをお伝えします

にほんブログ村 恋愛ブログへ

 

(PR)
30日で元彼と復縁できる方法を知りたくないですか?
先着100名様限定で、下記の復縁メルマガに登録すると、
なんと無料でプレゼントされますので、絶対復縁したい方は
ぜひともゲットしてくださいね。

プレゼント&復縁テクを数々知れるメルマガ登録はこちら

 

実は復縁のためには、抑えて置かなければならないことがいくつもあります。

その1つに、失恋したら冷却期間を置く!
というものがあります。

 

■冷却期間とはどういうことか?

それは別れた相手と連絡を一切取らない、
こちらから何もしないという期間です。
いわば待機しておく期間と言った方が分かりやすいですよね。

 

■冷却期間を置かなければならない理由

以前こちらのほうで、書きましたのでご覧ください。

復縁は冷却期間を置かないと成功しない

 

もちろん、冷却期間を必ず置かなければいけないという訳ではありません。
冷却期間を置かなくてもいい場合もあります。

それはまた取り上げますね。

 

冷却期間後に送るメール

さて、本題に戻ります。

重要なのは冷却期間後のアプローチ方法です。
メールで連絡を取るのですが、
下手したら返信がなかったり、嫌われてしまう可能性も否めません。

では、どういった内容のメールを送ればいいのか?
ポイントを以下い挙げてみます。

 

 内容は重くならないようシンプルに!(長文を送らない)

長文を送ってしまうと、別れた相手は何を返信していいか分かりません。
重くならないようにシンプルにしましょう。

元気よく明るい雰囲気で!!

 

 疑問文を入れる

これは相手が返信しやすいようにするためです。

「元気?」

というようなものが王道ですね。

 

 下手(したて)に出過ぎないようにする

例えばこれ。

「忙しいのにいきなり連絡してごめんなさい」

「嫌だったら無視してね」

「返事待ってます」

「別に返事はしなくてもいいからね」

 

このような内容を送るのは、正直重いです。
どうして重いのでしょうか?

それは、気をつかい過ぎているためです。

元彼は敏感に察知していますよ。

そして本当に返信が来なくなってしまいます。

 

■冷却期間後に送るメールの例文

上記のポイントを踏まえての例文

 

「よっ!久々だけど元気にしてる?\(^o^)/」

 

この例文がベストです。

 

■絶対復縁したい人&それでも返信がない人へ

今回のテーマは100パーセント返信が来るというわけではなく、
返信が来る可能性を何倍にも上げる内容になります。

人それぞれの別れ方や、元彼の今の関係によって、
返信がこないという事も有り得るのです。

ですが、限りなく返信が来るようになり、
復縁の可能性も10倍以上に上がる方法があります。

 

それは復縁のメール相談をすることです。

 

このメール相談は当ブログからは無料なのですが、
あなたの状況によって復縁プランをカスタマイズしてくれるのです。

いわば、あなただけの復縁プラン。
もちろん元彼に送るメールも考えてくれます。

このメール相談でアドバイスしてくれるのは、
ananにも紹介されるほどの実績を持つ小野田ゆうこ先生です。

相談した人のその復縁率の高さや、実際の声なども
同時にこちらで見ることが出来るのでご覧ください。

4つの質問に答えるだけ!5分で送れるメールフォーム

 

合わせて読みたい関連記事

いつも応援ありがとうございます

こちらの記事は少しでも、参考になりましたでしょうか。

ブログランキングに参加しておりますので、投票していただければ幸いです。

↓↓↓


ポチっとありがとうございました。




トップページへ戻る→元彼と復縁したい人へ

コメントを残す